キャリアコンサルタントは役に立たない?使えない?

キャリアコンサルタントは男性より女性向けの仕事?

 

国家資格化される前までは、キャリアカウンセラーと呼ばれ、がっつりコンサルティングという職業柄ではなくしっかりお話し聞くという趣向が強い職業でしたので、その流れから職種に女性が多い印象です。

 

それでも、2016年に国家資格家されて、幅広い領域の仕事がキャリアコンサルタントに求められる中で、今後は男女比の変化も起こってきそうですね。

 

キャリアコンサルタントの仕事は、キャリアカウンセリングはもちろんですが、ハローワークや転職エージョントの会社では、企業間とのパイプ役も担わなければいけません。つまりは営業職的な色合いも兼ねる必要があるため、比較的内勤に成らざる得ない女性=キャリアカウンセリング担当、企業間のパイプ役=営業=男性。という構図はキャリアコンサルタントといえど変わりは無いのかもしれません。

 

大手ではある程度分業制が取られていますが、中小ではカウンセリングも営業も兼ねるキャリアコンサルタントが多いとの事なので、自分にあった会社を選びたいところです。

 

カウンセリングをやりたい!と思って、キャリアコンサルタント資格を取得。でも実際やっているのは営業!ではなにか違いますよね。(分業制をとっているところでもはじめは経験を積むために営業キャリアコンサルタントからスタートする例はあるそうです)

 

 

私の本音

実際私も求職者、転職者向けの面談、ヒヤリングをするコーディネーター、カウンセラー、コンサルティング職に一時期なりたいと思ってました。

 

スーツに身を包み、求職者にとって理想の職を提案するコンサルタント!

 

でも実態はコーディネーター職や、カウンセラー職は求人にあるにはあるが、給料は少し低く(内勤なので)、女性が多いポジションです。男性は人材を求めている企業への営業を含むコーディネーターかもしくは営業のみかみたいな感じが一般的ですね。(>_<)

 

 

キャリアコンサルタントは営業職

 

国家資格キャリアコンサルタントを取得して、キャリアコンサルタントに転職して、華麗に『カウンセラーデビュー!』とお考えのあなた

私もそう考えていました、昼間はキャリアカウンセラー、夜と土日はコーチングビジネスをと考えていましたが、基本キャリアコンサルタントはコンサル営業です(クライアント面談+新規企業の開拓のセット)(もしくは進路相談+企業訪問でのパイプ作り)

ハローワークや企業内キャリアコンサルを除けば、『私はカウンセラー。営業はあなたがやってね。』では通用しません。

となると、業務量も膨大になりますし、企業側に対しても責任があるし、クライアント側に対しても責任があります(当たり前ですが)。

 

クライアントに対して理想のキャリアを提供!と考えても、クライアントも恐らく優秀でモチベーションの高い人達ばかりではないでしょう。

 

果たしてこのクライアントは私が新規獲得してきた企業側が求めるニーズにしっかり答えてくれるのか?という思いがよぎることもあることでしょう。

 

そういった環境化でしっかりと、キャリアコンサルティング能力を発揮していかなければ行けません。ここら辺の成果がインセンティブとして収入にダイレクトに響いてくると思います。

 

大手の会社では、面談と営業は担当が別れているかもしれませんが、基本的にはキャリアコンサルタントは営業職なのです。

 

私は現在起業領域(起業支援)のキャリアコンサルタントとして活動しています。クライアント獲得の為の集客は基本的にはブログを用いた仕組みを作っています。

 

もしあなたが、キャリアコンサルタントとして起業や独立開業、副業を考えているのであれば、キャリアコンサルタントのマーケティングやセールル論、目標達成論を教える事が出来ます。

 

是非ブログやメルマガを参考にされて下さいね(^_^)

 

 

キャリアコンサルタント資格は役に立たない?

 

 

役に立たない。にも色々な意味があると思いますが、

 

・仕事の役に立たない。(これは無いかな。見識が広がります。視野が広がります。)

 

・昇級の役に立たない。(これも無い。出世出来ます。ただ、会社次第。)

 

・給料UPの役に立たない。(これも無い。出世出来る。ただ、会社次第。)

 

・就職の役に立たない。(これも無い。アピール度大)

 

・転職の役に立たない。(これは資格よりは、実績が重要視されるのでその通り。人材業界でも営業経験の方がよほど優遇される。

 

・起業の役に立たない。キャリアコンサルタントで起業するならセールス×マーケティングのスキルが必要です。

 

 

あなたが企業内で活動していくのであれば、このキャリアコンサルタントの資格は苦労して取るだけある資格です。様々な領域であなたの活動を手助けしてくれます。

 

 

ただ、キャリアコンサルタントは名称独占の仕事であって、資格がなくても職務自体は全然出来るということの理解は必要です。実際にハローワークスタッフさんや転職エージョントのスタッフさん達は、キャリアコンサルタントが国家資格化されて2年弱ですが、ほとんどまだ資格取得していません。

 

なので例えば、人材業界への転職という観点からもこのキャリアコンサルタントの資格自体は優遇されずに、営業経験の方が優遇される。そんな感じです。人材業界の方達の話では「キャリアコンサルタント?まあコンサルタントっていう肩書きだけどやっているのは営業ですよ。」っていう状態ですから。

 

そして、起業、独立開業に関して言えば、カウンセリングのロープレの技術ははその後の活動にかなり役にたちます。

 

そして契約が取れるファーストセッションのやり方、マーケティングを学べば起業独立は出来ます。私はそれらを教える事が出来ますので、是非このブログをご活用下さい(^_^)

 

 

起業・副業・独立開業を目指すキャリアコンサルタントを私は応援します。

 

 

あなたはこんな状態に陥っていませんか?

 

心理学資格の取得後、心理学スキルを活かして対人援助ビジネスを初めてみたいと、

 

SNSを毎日更新したり…
ブログを毎日書いたり…
沢山の時間を使って様々な事をしたけど、

 

全然収入にならない。

 

一生懸命に集客を頑張って、ようやくお申し込みが入っても、「色々話してスッキリ出来ました。それじゃ~失礼します。」っと

 

その後の継続依頼は無し。

収入は0円。

 

我流じゃダメだと思って、他人が聞いたら引くような高額を払って、有名な起業塾やWEB集客塾に入ってみたものの、強みを活かした『差別化・ポジショニング・USP・商品作り』が必要と言われて、一生懸命に考えてみるけど、自分の強みなんてわからない。

 

その状態で、言われた通りにブログやSNS集客をしてもやっぱり成果につながらない。

 

それでも、起業塾の他の仲間からどんどん成果の報告が上がる。

 

皆は出来て、なんで、私には出来ないんだろう??

 

やっぱり自分には無理なのかな?才能がないのかな・・・?

 

人と比較して落ち込んだり、自分を責めてしまう。

 

あなたはこんな状態に陥ってませんか。

 

実は、これってあなたが悪いのでは無く、起業塾やWEB集客塾の教えはビジネス初心者のあなたのステージにあった稼ぎ方ではないというだけなんです。

 

まだまだ、ビジネスの実績もなくて、『自分の強み』も『お客様の悩み』も分からない段階で、ポジショニングや差別化、USP、商品作りなんて高度な手法が上手く行くわけがないんです。

 

 

実をいうと、、

心理学ビジネスで月30万稼げる様になるには、webは一切必要ありません。

 

せっかくカウンセリングやコーチング等の心理学スキルを学んだのですから、あなたのステージにあった方法でクライアントを獲得し、目の前の人々に価値を提供しながら、あなたも成長し、次のステージに進んだら良いんです。

 

なのでSNSを毎日更新したり…
ブログを毎日書いたり…
にあなたの貴重な時間を使うをやめてください。

 

あなたのステージにあった稼ぎ方。その方法は、私が全てお伝えします。

 

⇒なぜ、どの起業塾に通っても劣等生だった初心者が続々と驚きの結果を出せるのか?その秘密を期間限定で公開中。

 

人気記事一覧

コメントは受け付けていません。