人材コーディネーターにキャリアコンサルタント国家資格は必要?

人材コーディネーターにキャリアコンサルタント国家資格は必要?

 

こんにちは。篤永さとしです^_^

 

さて今日は、、人材派遣のコーディネーター職に興味があるけど、、

 

キャリアコンサルタント等の資格は必要なのか?についてです。

 

結論から言ってしまうと、人材派遣のコーディネーターさんにキャリアコンサルタント等の国家資格は必要ありません。

 

私も一応、、キャリアコンサルタントの国家資格は持っていますが、、、

 

 

以前やっていた派遣の営業や人材コーディネート時に、キャリアコンサルタントの資格や知識が活かされた場面はありませんし、、

 

派遣営業への転職応募した時の面接でもそのキャリアコンサルタント資格に触れられる事は一切ありませんでした。

 

 

そもそも派遣営業に応募した時の面談時には履歴書や職務経歴書にも目を通さずに、

 

『きついよ』『大変だよ』『大丈夫かな?』

 

程度のヒヤリングで採用されましたので、、、

 

まあキャリアコンサルタントの国家資格を持っていて損はないのですが、、、

 

どちらかというと、人材コーディネーターに求められるのは、

 

①必要最低限のコミニケーション能力

②必要最低限のパソコン処理・タイピング能力

③強いメンタル要素

 

です。

 

①、②はなんとなく分かると思うのですが、、

 

③のメンタル要素がなによりも重要で、

 

残業も多く、企業からや、スタッフさんからのクレーム対応等への対応に追われるのが日常ですので、、なによりそういった環境でも、『気持ちを切り替えて職務を継続出来る』という心の強さが求められます。

 

 

特に人材派遣業界では、派遣スタッフを増やしてナンボのビジネスモデルなので

 

営業は『派遣でも出来る様な簡単な仕事ありませんか?』と仕事を取ってきて、

 

コーディネーターさんは、登録スタッフさんや求人サイトに『簡単な仕事があります!高時給です!』と謳い、

 

ドンドン人を職にあてがって行きます。

 

 

なので、キャリアコンサルタント資格を取る為に学ぶ様な

 

・自己分析ツールを用いた自己理解を促すとか、、

・その人の天職を探すための企業分析とか

・数回の面談を通して、理想のキャリアに導くとか、、

・カウンセリング技術うんぬん。

 

良くも悪くも、そういった『真』の意味でのキャリアコンサルティングは人材派遣業界では必要ないんです。

 

キャリアコンサルタント資格を取ってまでこの業界に使命感を持ってやっているという熱意や根性の部分(強い原動力)としてアピールできるとは思いますが、、、

 

使命感を持っているが故に理想と現実に押しつぶされるという人材コーディネーターさんや派遣営業さんも沢山見てきましたので、、

 

 

派遣会社の採用担当者も派遣営業や人材コーディネーターにキャリアコンサルタント資格なんてものは求めていないんです。

 

人材コーディネーターに求められるモノは

 

①必要最低限のコミニケーション能力

②必要最低限のパソコン処理・タイピング能力

③強いメンタル要素(特に大事)

 

が重要視されるという事を知っておきましょう^_^

 

以上、『人材コーディネーターにキャリアコンサルタント国家資格は必要?』についてでした^_^

 

現在、真の意味でのキャリアコンサルティングで、人を助けて豊かに稼ぐ『人助けビジネスの始め方』講座を開催しています。期間限定でweb開催中ですので、興味があれば是非ご参加下さいね⇒^^

 

【期間限定・開催中!】

⇒人を助けて豊かになる『人助けビジネスの始め方』webセミナー【期間限定・開催中!】

当ページからお申し込み頂くと3000円のセミナー料金⇒無料でご参加頂けます!お席埋まり次第、期間終了になりますので、お早めにお申し込み下さい。

コメントは受け付けていません。