NLP心理学は意味が無い?【NLPトレーナーの費用・年収事情】

NLP心理学は意味が無い?【NLPトレーナーの費用・年収事情】

 

人の役に立つ仕事、人に感謝される仕事としての対人援助ビジネスとして、カウンセラーやコーチ、セラピストというお仕事があります。そういった意味でNLP心理学やNLPカウンセラー、NLPトレーナーに関して興味がある人も多いとおもいますので、私の米国NLP心理学の受講の感想や実体験、そして、それらの学びを今現在どう活かしているのかについて、書いているページです。

 

私のNLP心理学の学び概要

私はどちらかというと、人の役に立つ仕事、人に感謝される仕事という感覚よりは、自分の才能を追求出来る仕事、活動はなんだろうという観点で、心理学でのビジネスに興味を持ちました(^_^)

 

そして、世界有数の心理学という評判を受けて米国NLP心理学のNLPプラクショナーコースを受講しました。(費用は約30万円)

 

元々、学ぶ事が大好きな私は、コースを取り、今日はどんな心理学スキルを学べるのだろうと毎週ワクワク心理学の講座に通っているのを覚えています。

 

こういった心理学系の学びって、一つコースを修了したら、エンドレスに続けてどんどん学びたくなるもので私の場合はその後も立て続けに、

 

✅米国NLP心理学プラクショナーマスターコース(費用約30万)

✅TA交流分析カウンセラー修了(費用約30万円)

✅国家資格キャリアコンサルタント(養成講座等必要費用約50万)

✅米国NLPコーチングコース修了(費用約30万円)

と数百万の自己投資をして学んできました。

 

そして、こういった多額の自己投資が、その後、すぐに実って、年収UPやビジネスでの売り上げに繋がったのかというとのかというと、、、

 

現実は厳しく中々思い描いた人生を送れていませんでした。

 

ある1つのスキルを身につけるまでは・・・

 

途方に暮れている私はこの『あるスキル』に出会ったわけです。

 

その出来事については記事の後半で紹介します(^_^)

 

NLPは意味が無いのか?①【社会的認知と真の価値】

NLP心理学のコースを受講すると、体験立てられた、実践的な心理学の知識、スキルを身につけることが出来る為、今までの人生で気づけなかったような自分に出会えたり、新しい気付き満載の状態になれます。

通常空間に戻ったときに確実に自分の中の変容を感じ取れるはずです。

 

そして自分のあり方が変われば、確実に身近な人との付き合い方にも良い変化が訪れコミニケーション能力が飛躍的に向上します。

 

傾聴のスキル、人が何を考えているのか、そしてどんな価値観を持っているのかがよ~~く分かるようになります

 

そう。間違いなく長い人生、長い目で見れば、良い自己投資になってはいるのです。

 

ただ、自分の中のインパクトほどには周りの変化はすぐには訪れないのです。

 

私も一時期、サラリーマンをやめて、諸手続があったのでハローワークに通った時期がありましたが、所持資格を問われたときに、NLPプラクショナー、コーチ資格と伝えてもまったく通用しませんでした。

 

「エ、エヌエルピーですか?あっ、カウンセラーの資格なんですね。」(‘_’)

 

やはり、NLPの資格は就職、転職の役に立つ資格ではありません。

国家資格キャリアコンサルタントの資格すらそれほどに転職には役立ちませんからね。

なにより営業経験等が問われるのが、こういった対人支援系の資格です。

 

ただ、それは会社組織の中での評価と言うだけで。絶対的に意味がないわけではありません。

 

日本ではまだまだ、カウンセラー系の職種の認知度、待遇度は低いです。ただ、日本の社会はストレス社会だと言われています。心のケアに関する需要は確実に高いです。

 

そしてこれからはAIが進化していく中で、人と人との心の繋がりが希薄になればなるほど、そこに渇望が生まれて需要が生まれます。心理系のコーチ、コンサル、カウンセラーの価値が最大化するのはこれからだと私は考えています。

 

NLPコーチングの体験記・年収事例

私はNLPの心理学のプラクショナー、マスターのコースを受講した後に、NLPのコーチングコースを学び、そしてコーチングで心理学ビジネスを開始しました。そんな私の【NLPコーチングの実体験や費用・年収事情】についてはコチラで書いています。コーチングに興味がある方。コーチングは稼げないと考えている方。興味があればこちらの記事を参照下さい。

⇒コーチングは稼げない?【NLPコーチングの費用・年収事情】

 

NLPトレーナーの体験記・年収事例

私はNLPの最高位のトレーナーコースに参加しようとしていました。

NLPトレーナーコースは実際に米国に行って受講しなければ行けないため、費用が100万位掛かるコースです。

 

ただ、私はコースお申し込みの途中(コースの申し込みには審査がある)の2次審査で、『ちょっと違いかな』という違和感を感じたため、申し込みを辞退しました。

 

この違和感というのは、私自身NLPのトレーナーになりたいというよりも、心理学の学びを深めたいという思いで、NLP心理学を学び始めており、1次審査、2次審査と進み、様々な方のお話しを聞く内に、NLPトレーナーコースはトレーナーになる為に行くコースだなと改めて感じた為、辞退に至りました。

※実際、私は今現在コーチ、コンサルタントして活動していますが、良い選択だったと思っています(^_^)

 

 

NLP心理学の養成コースは、各コース共に30万近く掛かります。

 

そして、私が2次審査にて途中辞退したNLPのトレーナーコースについては100万位。(交通費等を含めると120万位し)

 

資格取得後の資格を活かした年収UPの期待値としてはNLPカウンセラー<NLPコーチ=NLPトレーナーだと思いますが、NLPコーチやNLPトレーナー単体で年収100万を超えている人は資格保持者の1%程度では無いでしょうか?

 

NLPトレーナーの方は資格取得費用に100万近い費用(プラクショナーとマスターコースを合わせれば200万近くになる)を出して、年収アップ及び回収が出来なければ目も当てられません。

 

確かに、心理学系の資格取得後は自己理解と他者理解のスキルが高まっているのでコミニケーションの質が劇的に向上します。

そして人の悩みの9割は人間関係(コミニケーション)の問題だと言われているので、このNLP資格取得によるコミニケーション能力の向上は、長い人生を考えたときには投資したお金以上に大きなメリットを得ることが出来る資格ではあります。

 

でも、実際に資格を使って、起業や独立、年収UP出来ている人はごく少数。

 

実はこれって、NLP心理学やトレーナーコースの学びに意味が無いのではなく『ある理由』が原因なんです。

 

下にその理由について書いていきますね(^_^)

 

NLP心理学・トレーナーはなぜ稼げないのか?

なぜ世界有数の心理学を学んでいるNLPのカウンセラーやNLPのコーチ、NLPトレーナーが稼げないのかについて。

 

それは、NLPのカウンセリングスキルやセラピースキルという、

『クライアントに成果を出させる技術

 

は講座、コースの中で実践形式でしっかり学べるんですが、

 

NLPの価値をしっかり伝えて、私は『あなたの問題を解決出来る人です』という事をプレゼンするスキルや、セールススキルとしての

『クライアントを獲得する技術

 

NLPコースでは教えてくれないからです。

 

 

これがNLPコーチ、NLPカウンセラー、NLPトレーナーの年収が上がらない。稼げない絶対的な理由です。

 

逆に言えば、NLPの強みである『クライアントに成果を上げさせる技術』に加えて、『クライアントを獲得する技術』さえしっかりと学べばあなたは稼げるNLP起業家になれるわけです。

 

ファーストキャッシュ(クライアント)獲得技術

コーチやカウンセラー等心理学資格を活かしてビジネスをしてみたいな考えている人が、身につけるべきスキルはいくつかあるのですが、率直に言えば契約が取れるセッション(1対1の対話)が出来れば、あなたは今すぐにでも売り上げを上げる人、つまり稼げる人になれます。

 

例えば、私のカウンセリング、コーチングにおけるセッション(初回のお試しセッション)。お客様にその後も継続利用して頂ける(契約)確率は50%~60%位です。

 

一般的な営業マンのセールスにおける成約率が20%を越えれば一流と言われる中で3倍以上の成約率を誇るわけです。

 

しかも、継続サービスの単価は20万~50万位なので、月3人と契約できれば月の収入は100万円。それを年間を通して活動することで、無理なく年収1000万を超える事が出来ます。

 

大事な事として見込客がどれだけ沢山居たとしても、契約して頂けなければ売上が発生することはありません。

 

ですので、見込客を集める事を考える前に、見込客に買ってもらう為のセールス力(成約率)を高める必要があるのです。セールス力さえ高まってしまえば、あとは見込客が多ければ多いほど売上が上がるという仕組みが出来上がります。

 

上手く行っていない起業家をみていると、成約率、契約率が低いにも関わらず、新規の顧客を見つけることばかりに意識が向いている傾向があります。

 

これでは上手く行きません。

 

成約率さえ高めてしまえば、実はそんなに多くの見込客は必要ないのです。

 

50%近いこの成約率。これはなにも私が特別なのでなくて、体系立てられたファーストセッション(初回のお試しセッション)の技術が凄いわけです。

 

このスキルを学んだ人達(マイケルボルダック系列)の中での成約率は私は並より少し低い位だと思っています。

 

当のマイケルボルダック氏のセールスクロージングは8割の契約率を誇りますし、そして同じく学んだ同期の中には契約率100%の人もいました。『人に会えば契約が取れる』状態です。

 

そしてこのファーストセッションのスキルは、心理学系の資格取得者や既にカウンセラーやコーチ、コンサルタントとして活動している方であれば、少し練習すれば身につけることが出来るスキルです。

 

『人に会えば契約が取れる』この高成約セッションの技術はあなたでも身につける事が出来るのです。

 

私自身はクライアント獲得の専門領域は絞らずに、仕事(年収UP、昇進)でも、ビジネス(売り上げUP)でも、人間関係(親子関係、パートナーシップ)のお悩みでも絞らずにお客様にファーストセッションを提供して、この契約率ですので、専門領域を決めてこのファーストセッションを提供すれば契約率はもっと安定すると思います。

 

そしてこのファーストセッションのスキルを私はあなたに教える事が出来ます。興味がある方は下記の件を期間限定・無料で募集していますの、興味がある方はメルマガ登録して下さいね(^_^)

 

 

【期間限定】『魔法のセールス台本』プレゼント中!

”心理学の資格を取っても未だ売り上げがゼロそう悩む副業コーチ、カウンセラー必見の情報

『魔法のセールス台本』通りに話すだけで20万、30万の商品があっさり売れる。

実績・経験・自信なしから、稼げる自分に変わる『魔法のセールス台本』を期間限定・無料でプレゼント中!
【プレゼントを受け取る】

人気記事一覧

コメントは受け付けていません。