キャリアコンサルタント・コーチングのお茶代は割り勘?

キャリアコンサルタント・コーチングのお茶代は割り勘?

 

コンサルティング・コーチングセッションのお茶代は奢りor割り勘?

 

 

コーチとして駆け出しの頃に対面セッション時のお茶代は割り勘にするべきか、奢りにするべきか悩む事ってあるあるですよね。回数をこなすとお茶代も馬鹿になりませんよね(-_-;)。

 

せっかく時間を取ってきて頂いたし、「お金は私が出します・・・」。

 

これ活動初期のコーチがやってしまいがちです。

 

実は、私もコーチ活動初期に私のコーチ(コーチのコーチ)に、「今度体験セッションを行うんですが、お茶代は割り勘にするべきですか、奢りにするべきですか?セオリーが知りたいです。」って質問したことがあります。

 

 

返ってきた答えが

「割り勘で良いですよ。なぜですか?

 

でした。

 

 

この私のコーチからされた質問に勝手に『圧』を感じてしまっていた自分がいるのですが、

そうなんです。

 

 

奢る?割り勘?の2択の必要性を考えているいう事は、『自分の提供する体験セッション、コーチングの価値を信じれていない状態』なんですね。

 

 

この状態では契約なんて取れるわけがありません。もしくは取れている状態だとしてもクライアントは成果を上げることが出来ません。

 

 

なぜなら、クライアントは『コーチング商品』を買うのではない、あなたの『状態』を買うんです。そしてあなたの状態に引っ張られて成果を上げていくんです(最終的には自走状態を作り出す)

 

『自分の提供する体験セッションの価値を確信している状態』

 

でなければいけません。

 

あなたはセッションで十分にクライアントに価値を提供しているわけです。セッションのお茶代は割り勘で良いのです。

 

 

ただし、セッション前や後にわざわざ「割り勘です」という必要もありませんので、支払いを別で済ませるだけで大丈夫です(^_^)

 

 

そして、これは私が体験セッションを対面で提供した時に起こることなのですが、クライアント側から感謝されて「ここは私が支払います」と言ってきます(^_^)

 

その時には「お言葉に甘えます」「ありがとうございます」と相手の行為を素直に受け取りましょう。

 

 

ただし、初回セッションや体験セッション後に契約が成立した後であれば、お茶代はこちらで支払う(奢り)ようにする事はコーチとしてはスマートな振る舞いになります。

 

基本的には、セッションで十分にクライアントに価値を提供しているわけです。セッションのお茶代は割り勘で良いです。

 

 

ブログ訪問特典

【無料プレゼント】

キャリアコンサルタントが

『起業する前に確認する5つの事』
『年収を自分で決めれる人になる質問表』

========================
プレゼントの受け取り方
========================

【↓徳永さとしとLINEで友達になる↓】

友だち追加

 

コメントは受け付けていません。