キャリアコンサルタントの為のレバレッジ読書術

 

キャリアコンサルタントを初めとするコーチ、コンサル、カウンセラー型のスモールビジネスは自分の在り方がダイレクトに成果に結びついて行きます。

 

学び=インプットではかかせません。

 

インプットして⇒アウトプットして⇒フィードバックを受ける⇒インプットの繰り返しで自分の成長と共にビジネスを拡大していく。

 

このインプットに最適なのが読書です。

 

1000円程度の費用で、一流の人の知識や経験を買える、学べるというの非常にレバレッジが利いた学びの方法、インプットの方法が読書です。

 

 

さらに読書で大事なのが、結果が出している人の脳をいかにコピーするかです。

 

 

モデリング読書術と呼ばれていますが、このモデルリング読書術を身に付けると、一冊の本から得られるリターンは10倍~1000倍にもなります。

 

 

こと起業や副業で成果を出していきたいという志の高い方に、本を読む必要性を理解していないという人はいないと思いますが、本を読むのが苦痛、苦手、嫌いという人は正直いるでしょう(^_^)

 

 

○本を嫌いな方に多いのが以下の人です。
• 本の探し方が悪い
• 良い本でも、読み方が悪い
• 良い本を頭にコピーする方法が分かっていない
• 良い本を実践して、行動に移す方法が分からない

 

 

これらの本嫌いの人の多くは人は良書にめぐり合っていないとも言えます。

 

 

仮に読書に対して「忙しいから読めない」と言っている方は忙しいから読めないのではなく、読まないから忙しい。のだと考えてくださいね。(時間管理術の良書を読み、時間を有効に使う方法を学べば、読書時間などいくらでも創出出来ます。)

 

良書の見つけ方

 

良書を読むためには、悪書を出来るだけ読まない事なのですが、これって当たり前のように聞こえるかもしれませんが、かなり難しいことです。(出版社は本の売り上げを上げる為に色々やってきますので。)

 

 

いかに悪書を排除するかであり、読む価値がある本だけはじっくり読み、価値がない本は最後まで読んではいけません。

 

○良い本を見つけるには、読む理由を明確にした上で
「どんな結果が得たいのか?」=「どの本を読めば、得たい結果を得られる可能性が高いのか?」を考えると良書を見つけやすくなります。

 

○本を買う前にチェックするポイントは
表紙、プロフィール、本の種類、前書きと後書き、図表、ストーリーで、

 

①表紙
・ピンとくるのか?(自分の興味の範囲内か?)
・素人向けか玄人向けか?
出版社は売り上げを伸ばしたい為、比較的誰でも読みやすい、わかりやすい
素人向けの本を出す事が多い。多くの人が読むような書籍は知識の希少価値は低い。

 

②プロフィール
・本に限らずですが、メンターを選ぶ際は経歴で誇張がないかどうか?
億万長者でもなく、成功者でもないのに、成功哲学の書籍を書いている
著者は沢山います。
・何かしらの専門分野でトップなのかどうか?
・実績が本人の実力や結果なのかどうか?
(会社の力やバックボーンに依存していないか?)
・著者がそれを実践しているかどうか?
著者が大学教授で大学の授業で教えているような机上の知識のビジネス書は、
実際の現場では使えないことも多々ある。
・著者の年齢が高齢であるほど「原理原則」を、年齢が低いほど「テクニック系」
が書かれがちで、出来るだけ原理原則を学んだ方が応用が聞きます。

 

③本の種類
・「原理原則本」「ノウハウ、テクニック本」「体験談本」「小説本」「教科書」
左側に行くほど知識に価値がある良書になります。
【原理原則本】
これは絶対に読むべきで、なにかを習得するときに、
最初に基礎となる原理原則をしっかり学ぶ事で、成長曲線は遅いのですが、
後から急激に知識が伸びてきます。
【ノウハウ、テクニック本】
習得したい物を手っ取り早く学べますが、応用力がない為、伸び悩みが生じます。
まずは、原理原則を学んでから手を出すべき種類の本になります。
【体験談本】
これはかなり曲者の本で、素人向けに多く出されています。
読後感が良い為、一時的なモチベーションを上げる為になら良いかもしれませんが、
学んだ気にはなりますが、原理原則、ノウハウを学ぶ前に読んでも知識として学べる事
は殆どないので、原理原則→テクニック→体験談本を読むようにしましょう。
【小説本】
読まない(ただし原理原則と結びつけられている場合のみ読んでもよい)
【教科書】
殆ど役に立たないです。

 

④前書きと後書き
その本にとっての重要な部分が前書きに書かれていると思いますので、
得たい結果が得られそうかどうかで判断します。

 

⑤図表
編集社がその本に対して、力を入れていると図表が多くなります。

 

⑥ストーリー
理論だけだと本の内容を理解しにくい為、ストーリーがある方が良いのですが、
人の受け売りをまとめてるような本は良い本では有りません。

 

⑦レビュー(ネットで購入する場合)
ファンは盲目的に良いレビューを付けるので注意する。
同業他社、ライバルからの妨害による低い評価を付けられる事もある。
著者の個性が強すぎるとレビューは悪くなりがち
本のタイトルが過剰に煽っていると良い本でも悪いレビューが付くこともある。
ここら辺を注意しながらレビューを盲目的に信じずに確認することが大事ですが、
結局は自分自身が得たい結果が得られるかどうかに関わるレビューを確認しましょう。

 

悪い本(価値の低い本)の見つけ方

%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%ef%bc%92

 

○ベストセラー
多くの人が買っているという事は素人向けに読みやすく書かれていることが多くしかも、多くの人が呼んでいるという事は知識としての希少価値は落ちるという事。

 

○新刊
愚者は新刊を買いたがり、賢者は古典を読む。と言われるように多くのフィルターを通り、年月に耐え、残っている古書はやはり良書なのです。

 

○短期間で多数の本を書いている著者
出版を乱立させている著者の本は基本的に知識の使い回しが多いです。一番内容が濃いのが出版一冊目なのは間違いないです。

 

○ 著名人が薦めている本(帯の推薦を信じて買うのは最悪)
「●●●氏推薦!」という帯の文言は基本的にはお金で買えるため、信じてはいけない

 

本の正しい読み方

%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88

 

○価値観の合わない部分を読む
正しく本を読むというのは、自分のエゴを捨てて読む必要があります。なんとなく本を読んでいると、自分と近い考え、同じ考えに出くわすことがあり、「あ、同じ同じ。」「やっぱり、そうだよね」という風な自分の考え方を増長させる読書をしてしまいがちです。読んでいるほうもなにか共感を得られたようで読書をした達成感みたいなものも得られます。ただ、ここが問題なのですが、本来であれば、自分と違う考えの所をしっかりと見つけ、その考え方をミラーリングすることが、圧倒的な成果を出すための正しい読書だという事です。

 

○80:20の法則
大切な2割だけ読めば良い。全部を読もうとしない。
途中で飽きたら、読むのをやめる(今の自分には難しすぎるか、適切に読み飛ばせていないと飽きる)。罪悪感を抱かない事。本棚に本がツンドクでも全然問題ない。

 

○著者の専門分野の部分だけを読む。他のところは他の専門家、トップから学ぶ。

 

○著者の自慢話は読まない。
本を出す目的に多かれ少なかれやはり著者の自己顕示欲はある為、自慢話はあるという前提で自慢話は飛ばして読むこと。

 

洋書(翻訳書)がなぜ良いか

 

・すでに海外で売れているというフィルターが掛かってる為、外れがまずない。

一番伝えたい事としては、成果を出したかったら、成功モデルの著者と自分との間で、価値観の違う部分をしっかり読み、理解、真似すると言う事です。=モデリング読書術

 

もう少し咀嚼してもっと読書系の記事が書けたら良いなと思っております(^-^)

 

 

モデリングの相関関係と因果関係

 

「あなたの本棚には自己啓発書はどれ位の割合を占めていますか?」

 

半分以上が自己啓発書であれば、残念ながらあなたは望む結果(目標達成)を得られないかもしれません。

 

というのも、世に出回る自己啓発本に書かれている事は多くは大事な理論が省かれて出版されています。

 

「今いる場所で咲きなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから。」

「人に感謝しなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから」

「好きな事だけしなさい。そうすればかならずあなたは成功するから」

「財布と年収は比例するので高級長財布を買おうかならず年収が上がるから。」

 

 

これって必ずしもA=Bが成立しない(因果と相関関係がごっちゃになっている)法則が書かれています。

 

「成功しているからこそ人に感謝できるが、人に感謝して成功するとは限らない」

「高給長財布を持っている人はお金持ちが多いが、高給長財布を買ったからと言って、お金持ちになるわけではない」

 

 

このように

A=Bでは決してなく。

B→Aの場合もあります。

 

これら自己啓発には全て本来はロジック(理論)があります。

 

 

ただ、このように書いた方が読後感が良いし、満足感が得られて本が売れる。

出版社の都合の良いようにパッケージ化されて販売されています。

 

 

そしてそれらを実践しても、成功出来ない、上手く行かない。「自己啓発本なんてくだらない」と思えればまだ良いですが、「自分はだめな人間なんだと」思ったりしたら目も当てられません。

 

 

成功者のモデリングをする際に、大事なのは相関関係因果関係について知る事。

 

成功者のモデリングの際には、モデリング対象がAという行動をしたらBという+の結果を得ているポイントをしっかりと抑える必要があります。

 

 

その際にごっちゃになるのが相関関係因果関係。

 

 

モデリングをする時に必要なのは、
AをしたらBになる。
A(原因)→B(結果)の【相関関係】であって、

Bの状態だからAをする。
B(結果)→A(行動)【因果関係】は必要ありません。

 

例えば、
長財布を使う人は成功する。とか
年収は財布の値段に比例する。とか
将来成功する人はファーストクラスに乗っている。とか
募金をする人は成功する。とか。

 

 

出版社が販売数を伸ばす為に、自己啓発書のキャッチコピーによくありがちなのですが、これらは典型的なB→A。

 

成功するための方法では無く、成功しているからやっている事。であり、いってしまえば成功者の方便(ウソ)です。

 

 

長財布を使えば成功するわけでも、ファーストクラスの乗っているから成功したわけでも、募金したから成功したわけではありません。

 

成功の為には、もっと別のA(原因)→B(結果)が存在している訳です。

 

その部分は、もっと泥臭かったり、明文化しにくかったり、内緒にされたりで世に出回りにくいものです。

 

B→Aに騙されずに、大事なA→Bをしっかり見極める。

 

 

モデリングする際に、大事な相関関係と因果関係についてでした。

 

 

コメントは受け付けていません。

体験セッション予約受付中

自分の中に眠る『潜在能力』を武器に出来ればあなたの人生はとんでもなく凄い事になる

あなたの潜在能力を武器に変える『潜在意識コーチング体験セッション』を受け付けています。

【体験セッション詳細】

選ばれるキャリアコンサルタントになる方法

 

あなたが周りから応援され、選ばれるキャリアコンサルタントになる為の『世界一やさしい普遍の法則』をプレゼント中。

 

仕事にしても、ビジネスにしても、これからの時代は自らの私利私欲のためだけにを行っていては周りからも応援されず長期的な成功は絶対に望めません。

 

「私」ではなく『公』の視点を持ち、つまり常に『社会との繋がり』を意識しながら活動を行う必要があります。

 

ゼロから最速であなたの情熱や才能、学びを活かし、自らも豊かになりながらも周りから応援され、選ばれるキャリアコンサルタントになる為の『世界一やさしい普遍の法則』をメルマガ登録者限定でプレゼント中。

 

その他『年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問集』『個人起業前に確認する5つの事』をメルマガ読者限定でプレゼント中。

 

【メルマガ登録はコチラ】