高卒、未経験、人見知りでもコンサルタントになれる?

 

 

高卒、未経験以外にも対人恐怖、人見知りでもコーチ、コンサルタントになれる?

 

 

 

心理面を取り扱う仕事(カウンセラーやコーチ、キャリアコンサルタント)に携わる方でも、実は人が苦手な人はいます。

 

 

 

意外に思うかもしれませんが、心理学を学び始めるキッカケとしては、人間関係や人生に悩みを抱えていてという人が多く、その延長上にカウンセラー、コーチとしての人の援助をしたいと思えるようになるからです。

 

 

 

多くの場合は、心理学を学ぶ過程で、問題はクリアになっていくわけですが、カウンセラー、コーチとて人間です。自分の問題が完璧に解決して、対人援助にまでいけれるのは本当に希なことです。

 

 

 

なので、心理面を取り扱うカウンセラーやコーチでも実は人が苦手な人はいます(^_^)

 

 

 

私の例でいうと、子供の頃に信じていた友人に2度の激しい暴行を受けて、その時のトラウマから対人恐怖症になった過去があります。

 

 

ただ、自分が対人恐怖症なんだと本当に痛感したのは心理学を深く学び始めてからで、それまでは自分自身のそういった弱みには気づけませんでした(周りに責任転嫁して問題から目を背けていました)

 

 

ただ、少し深い学習形式の心理学の学びの中で、自分の弱さと向き合う機会を与えて頂き、自分の対人恐怖の露呈と、自覚、そして克服をする事が出来ました。

 

 

インナーチャイルドワークというものですが、ここでは話がそれるので省きますね(^_^)。

 

 

そんな私でも、対人恐怖症を克服しコーチ、コンサルタントとして、人のお役に立てているわけです。あなたに出来ない訳はありません(^_^)

 

 

後、付け加えて言うと、現在コーチやコンサルタントとして、そういった人に対して少し恐怖心を抱いている方も、苦しんだ人、悩んだ経験がある人ほど、人の痛みを知っているのでしっかりと相手の話を共感して、受容する事、相手の問題解決に寄り添うことが出来ます。そういった意味では対人支援の職種は天職ではありえるのです。

 

 

一点だけネックがあるとしたら、しっかりとカウンセラーやコーチとして、クライアントに価値提供して、対価としての収入を得るという考えの中で、自分のコーチングやコンサルタントでお金をしっかり頂くという行為、つまりはセールススキル、メンタルの面で、躊躇してしまうコーチやコンサルタントが多いということです。

 

 

優しすぎるが故に起こるこの「ジレンマ」を抱えて、せっかく対人支援という価値のある仕事をしているのに、満足に収益を得れていないという人も居ることは事実です。

 

 

人が苦手なコーチ、コンサルタント。私はその方達の辛さや、悔しさやそれでも諦めない思いがわかるつもりです。

 

 

私はそういった方達のお役に立ちたい思っています。

 

 

優しすぎるあなたが、その優しさに加えて、自分のカウンセリングやコーチング、コンサルティング商品をしっかりと販売出来るスキルを身につけると、本当に生涯レベルで収入がすごく変わってきます。

 

 

それを私はまさに体感しています。本当に過去の私を知っている人が驚くくらいこのスキルを身につけたことで飛躍できました。

 

 

 

やさしすぎるあなたにも、是非そうなってほしいと心から思います。もちろん、壁や試練はありますが、できるからやるのではなく、やるからできるようになる!

 

 

現状がどうであろうと自分の望むを叶えていく、為に必要な考えか、在り方について動画で語っています。動画少しでも良いなと思えたら高評価、チャンネル登録よろしくお願いします。励みになります(^_^)


 

コメントは受け付けていません。

年収を自分で決めれるキャリアコンサルタントになる方法

 

世の中にはビジネスで既に大成功を収めている人達がいる一方で、多くの資格を取得しながらも、ノウハウコレクター化してしまい、満足な成果、収入に繋がっていないカウンセラーやコンサルタントが一定数いる事も事実です。

 

この二者の違いは単純に資格の取得数の違いからくるものでしょうか?

 

答えはもちろんノーですよね(^^)

 

資格そのものは単なる一面でしかなくて、それが何かを生み出す事はありえません。上手く行っている人と上手く言っていない人との違いは自身が学んだノウハウや資格等をどう活かしたかが大きく違うのです。

 

例えば、私自身も世界有数の心理学と言われるNLP心理学を修了し、さらにNLPの中でも高位の資格であるNLPコーチングの資格も取得しました。その後、TAカウンセリングやキャリアコンサルタントの資格も取得しています。

 

これら心理学系の資格を取得し、ホームページを設けて、肩書きを名乗れば、コーチングやキャリアコンサルティングのお申し込みが殺到し、売り上げが上がって行く・・・・・なんて事はありえませんでした。

 

あなたにどのような資格やスキルがあろうとも、例え「良い仕事が出来る人」であったとしても、積極的に働きかけなければ「世間はあなたのビジネスに関して無関心である」と言う事を知っておかなければ行けません。

 

あなたがなすべきなのは、顧客に対して「私ならばあなたの抱えているその問題を解決出来る」という事を示して、顧客を振り向かせなければいけないのです。

 

ただ、これからの時代は自らの私利私欲のためだけにビジネスを行っていては周りからも応援されず長期的な成功は望めません。「私」ではなく『公』の視点を持ち、つまり常に『社会との繋がり』を意識しながらビジネスを行い自らも豊かになりながら周りから応援されるビジネスを行っていく必要があります。

 

 

その為に必要なのが、あなたのビジネスの『ブランド化』です。

 

 

これからの時代は『ブランド』がなければ生き残れない時代が必ずやってきます。

 

 

そして、キャリアコンサルタントとしての自らのブランドを確立する為に必要なのが深い『自己理解』なんです。

 

 

■なぜ自己理解がビジネスに効果を生むのか?

 

 

ビジネス=お金を稼ぐと言う事。

ですよね。

 

 

そして、

お金を稼ぐと言うことは、

社会に価値を提供するという事。

 

そして、

社会に価値を提供するという事は、

社会の事を知る必要があります。

 

そして、

社会は人が形成しているので、

人を知る必要があります。

 

 

そして、

人を理解するためには、

まず自分自身を知る必要があります。

 

 

これは、

自分を理解出来る深さ=人を理解出来る深さ

だから。

(↑この部分、もしかしたらピンとこないかもしれませんが、これは心理学的なお話です。)

 

 

なので、まずは自分を理解しなければいけないのです。特にキャリアコンサルタントのような対人支援に関わるのならなおさらです。そして、自分を深く知る為には、自分とたくさん会話する必要があります。(自己対話)

 

 

こういう流れです。↓

お金を稼ぐ=社会に価値を提供する

価値を提供する=社会を理解する

社会を理解する=人を理解する

人を理解する=自分を理解する

自分を理解する=自分と会話する

 

 

そして自分と会話する方法(自己対話)の方法として私が推奨しているのが自分自身に対しての質問の技術『セルフコーチング』です。

 

 

経営学者・社会学者のピーター・ドラッカーもこう言っています。

 

『間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。重要な事は「正しい答え」を見つける事ではない。「正しい問い」を探すことである。』-ピーター・ドラッカー-

 

要はピーターが伝えたいのは、問題に直面したら「自分に何を問いかけるか?」が大事になるという事。

上手く行く人と、そうでない人は、この『自分への質問の質』が決定的に異なっているのです。

 

 

ブログ訪問特典として、『年収を自分で決めれるキャリアコンサルタント』になる為のセルフコーチング質問表をプレゼントしてます。

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

【プレゼントを受け取る】