1、コンセプト オリジナル商品 オプト⇒ステップ⇒相談会

『あなたの経験』と『資格』を
組み合わせるだけで毎月○人が自然に寄ってくる!
オリジナル商品の作り方をメールセミナーで初公開

さらに、今だけ…
◯つの質問に答えるだけで
あなたの「独自の売り」が発掘できる。
セルフ◯◯シートを特別にプレゼント!

 

コーチがコーチングを売ってはいけない理由

商品の作り方の解説がいる。

ターゲット、ベネフィット、メソッドか組み合わせる、潜在ニーズを言葉にする晋也

 

いくらの金額からはじめたら良いのか?

 

集客が上手く行かないのは、魅力的なオファーをしていないから。オファーが9割

試供品はありますか?

売れる商品さえあれば上手く行く。

 

何を発信したら良いのか?コンセプトが決まらないと、何も決まらない。

 

人が購入するのはわかりやすい商品

コーチングを売ってはいけない

自分の強みはどこにある?

 

 

 

■ポジショニング(専門性決め)の3種の神器

1、ポジショニングトーク

2、キャッチフレーズ

3、肩書き

 

1、ポジショントーク

誰のどんな悩み・課題・願望を
どんな手法を使って解決し
どんな価値(約束・結果)を提供するのか?

 

2、キャッチフレーズ

ポジショントークを一言で魅力的に表すと?
ブログやヘッダーに用いる。

 

3、肩書き

キャッチフレーズをより短くしたモノ。
キャッチフレーズと同じ場合もある。

 

ポジショニングトーク(プロフィール)の4要素

1,ターゲット
どんな悩み・課題を持っている人をターゲットにしたいか?

2,ターゲットの悩み
ターゲットが死ぬほど悩んでいることは何か?

3,ベネフィット
どんな成果をもたらすのか?
得たい理想の未来は?

4,メソッド
どんな手法を使って
ベネフィットを実現させるのか

 

上記を踏まえて、
現時点でのあなたのポジショントーク(専門性)を書いてみよう!

 

私は・・・

〜〜〜(誰)〜〜〜 の

〜〜〜〜〜な(悩み・課題・願望・目標)を

〜〜〜〜〜という方法で(〜〜を使って)(〜〜で解決し)

>〜〜〜〜〜(状態、価値、約束、結果)にしている(を提供している)

〜〜〜〜〜(肩書き)〜〜〜〜〜〜〜、

〜〜〜〜〜(あなたの名前)〜〜〜〜〜〜〜です!

 

ガチッと決まるまで、時間はかかるし、成長とともに8割の人は変わる。時間を掛けるところだが、時間をかけすぎてもダメ。まずは仮決めでポジション(専門性)を決めて実践してみる。

 

自分独自の強みが必要。過去に眠っている場合もあるし、あなたがやっている事にまずはあなたの強みはどこに有るのか?一緒に探してみませんか?

 

コメントは受け付けていません。